ラブアン法人銀行口座の概要

ラブアン法人を設立後、法人用の決済口座を合わせて開設する必要があります(法人口座がなければ、商取引の決済ができないため、そもそもラブアン法人を設立する意味がなくなってしまいます)。

ラブアン法人の口座を開設する際、どこの銀行を選択すべきかは検討すべき項目ですが、それ以前に「オンショアとオフショアどちらを使うのか」、「両者をどのように使い分けるのか」、ということも重要な課題となります。事業用決済や投資用決済等、それぞれニーズが異なるため、法人設立の段階でアドバイスをさせていただきます。

弊社では、以下のような法人口座の開設サポートが可能です。

開設サポート可能な銀行 オンショア口座(クアラルンプール、ラブアン等) マレーシア系銀行
外資系銀行
オフショア口座(ラブアン) マレーシア系銀行
外資系銀行
マレーシア国外の口座(香港、シンガポール等) 外資系銀行

なお、ラブアン法人の口座開設を申し込む段階では、就労ビザの有無が問われるケースが増えています。

いくつかの銀行では、就労ビザ取得前の段階でも口座開設が可能な銀行も例外的にありますが、一般的に最低預金額は高めに設定されています。また、場合によってはすべての取締役の就労ビザの取得を義務づけている銀行もありますので、どこの銀行を利用するのかを事前に検討しておく必要があります。

このように、ラブアン法人の銀行口座開設は「就労ビザの取得」と密接に関係しており、「就労ビザの取得」要件もまた「資本金の金額」と密接に関係しているため、法人設立前に「口座開設要件」←「就労ビザの取得」←「資本金の金額」の流れをある程度逆算しておかないと、後々、資本金の変更等の煩雑な手続きが必要となりますので、十分にご検討ください。

ここでは、具体的な銀行名の明記は割愛させていただきますが、法人口座として開設する際に検討されることになるであろう「オンショア口座」と「オフショア口座」の一般的な違いについて要点をご説明します。


 

□ オンショア口座とオフショア口座

ラブアンで営業拠点を構えるオンショア銀行とオフショア銀行の違いは、以下のような点にあります。

オンショア銀行 オフショア銀行
対象顧客 ローカルの顧客を対象
(マレーシア居住者)
グローバルな顧客を対象
(マレーシア非居住者)
取引対象 国内取引及び国際取引 国際取引のみを対象
支店窓口
通貨種類 マレーシアリンギット及び外貨 外貨のみ
決済方法 対面 又は 電話、FAX、メール、小切手、インターネットバンキング等 電話、FAX、メール、小切手、インターネットバンキング等
振込手数料 国内送金 → 国内送金手数料
国際送金 → 海外送金手数料
海外送金手数料
最低預金額 全体的に低い傾向にある 全体的に高い傾向にある
税制優遇措置 適用外 適用(「詳細」)
為替管理規制 適用(居住者扱い) 適用外(非居住者扱い)

 

□ オンショア口座とは?

オンショアとは、ある国からみて、その国の法制度が及ぶ国や地域のことを指します。

オンショア銀行は、現地に居住する人々(ローカル顧客=マレーシア居住者)へのサービスを前提としてサービスを提供しています。したがって、オンショア銀行とは、銀行へ預金口座を作りに行くのと同様に、直接銀行の窓口へ出向き、取引を行うことが前提となっています(実際にはインターネットバンキングを利用するケースが多いと思います)。

Maybank CIMB Public Bank RHB UOB Standard Chartered Bank

オンショア口座の主な用途としては、現地通貨(マレーシアリンギット建て)による①「現地従業員の給与支払い」、②「事業物件の家賃の支払い」、③「水道・光熱費等の支払い」など、主にマレーシア国内で決済を行うオンショア取引(国内取引)に用いられています。さらには、オンショア口座では現地通貨に加えて外貨口座の開設も可能なため、諸外国とのオフショア取引(国際取引)として利用することも可能です。大半の銀行はインターネットバンキングに対応しているため、迅速な資金移動を行うことが可能となっており、ラブアンオフショア法人でもオンショア口座を活用されている方が大半を占めています。

オンショア口座の注意点としましては、以下のような点があげられます。

注意点 ・マレーシアの法人向け口座には、基本的にATMカードの発行が行われておりません(例外としてクレジットカードを発行している銀行はあります。ただし実際には預金額を上限としたデビットカードとして利用することになります)。
・オンショア口座を利用した場合、ラブアン法人であっても為替管理上の居住者扱いとなるため、多額の送金には制限がかかります(目安としては送金ごとに50,000RM)。
・マレーシアが租税条約を締結している国や地域に居住する個人または法人は脱税等の調査が入った場合、情報交換協定により、マレーシア当局から取引情報が開示される可能性があります(日本の場合は「日馬租税条約」により、開示対象となります。本条約ではラブアンは2015年8月現在、適用対象外となっていますが、オンショア口座はマレーシアの管轄範囲となるため、適用対象となる点にご注意ください[※1])。なお、弊社ではマネーロンダリング等に関するサポート業務は一切行っておりません。

※1 日本をはじめ多くの先進国では全世界所得を課税対象としていることから、ラブアンで得た所得も課税対象となりますが、国際法上、本国の領土外で税務調査をするためには自ずと限界が生じます。そこで、租税条約上の手続としては、① 「A国(例:日本)の税務当局がA 国(日本)の居住者から取得する」、② 「B 国(例:マレーシア)の銀行から取得する」、③「 A 国(日本)の税務当局が B 国(マレーシア)の税務当局に情報の提供を要請し、この要請に応じて、B 国(マレーシア)の税務当局が A 国の税務当局に情報を提供する」、といった方法が一般的となっており、この場合、オンショア口座は②と③に該当します。なお、金融機関に報告対象国(OECD加盟国等)の居住者の口座について、「氏名、住所、生年月日、居住国の納税者番号、口座の残高と年間収入の税務当局への報告を義務付け(日本では2017年から適用)、これに伴い、日本人が相手国に有する口座情報も、その国の税務当局を経由して、日本国の税務当局に報告されることになる」とされています。


 

□ オフショア口座とは?

オフショアとは、ある国からみて、その国の法制度が及ばない国や地域のことを指します。

オフショア銀行は、世界中の国々に居住する個人や法人(グローバル顧客=マレーシア非居住者)向けのサービスを前提としているため、業態としてはインターネットバンクに近く、顧客は電話やインターネットで口座を管理できることから、基本的には店舗を訪れる必要もなく、信託会社を通して申し込みを行います(実際にラブアンのオフショア銀行には窓口が存在しません。参考:「ラブアンオフショア銀行一覧」)。

オフショア銀行では、郵送や電話、FAX、インターネットなどの通信手段だけでサービスを利用できるため、(マレーシアから見て)海外にいながらにして口座を開設することが可能となっていることに加え、口座管理においても現地へ行く必要はありません(※すべての銀行がインターネットバンクを導入しているわけではなく、電話とメールのみ、あるいは小切手の決済のみ取り扱っている銀行もあります)。

ラブアンオフショア銀行 ラブアンオフショア銀行 ラブアンオフショア銀行 ラブアンオフショア銀行 ラブアンオフショア銀行 ラブアンオフショア銀行

オフショア口座の主な用途としては、「外貨建ての国際取引の決済(マレーシア国内を除く)」に用いられています(※ラブアンオフショア銀行ではマレーシアリンギット建ての口座は開設できません)。たとえば、日本から商品を輸入し、シンガポールなどの諸外国(マレーシア国内を除く)に商品を輸出する場合を例にあげると、①「輸入元へは日本円(外貨)で支払い」を行い、②「輸出元からはシンガポールドル(外貨)で代金を受け取る」といったケースが該当します(この例では、マレーシア国内での取引が行われていないことになります)。後述しますが、実際にはオフショア口座を開設するケースは少なく、オンショア口座でも外貨取引を行うことが可能なため、オンショア口座を国際取引の決済として利用されるケースが大半を占めています。

オフショア口座の注意点としましては、以下のような点があげられます。

注意点 ・ラブアンのオフショア口座はマレーシアのオンショア口座に振り込みを行った場合、海外送金(仕向送金)扱いとなります。そのため、オフショア口座を利用した場合、資金移動のたびに海外送金手数料(20USD程度~/回)が適用される点にご注意ください。
・海外送金はインターネットバンキングで送金指示をすることが可能な銀行も多くありますが、海外送金は国内送金のように電子取引での振込・振替処理とは異なります。一般的な国内向けのインターネットバンキングでは振込処理完了後、数秒~数分後には送金が完了となりますが、海外送金は銀行員がすべて手作業で処理を行うため、資金移動に若干時間がかかる点にご注意ください。
・オフショア口座ではマレーシアリンギット建ての取引が禁止されているため、アメリカドル、ユーロ、ポンド、日本円など、外貨口座のみ開設が可能となっています。そのため、マレーシア国内への送金を頻繁に行う場合は送金手数料が国内振り込みよりも非常に高額となるため注意が必要です(一度オンショア口座に資金移動し、その後、振込振替をするという方法もあります)。
・マネーロンダリング防止のため、オフショア口座ではATMカードの発行を行っていない銀行が大半を占めます。その理由として、オフショア口座に預金をした後、本国のATMで現金を引き出す行為が続出したためと言われています。ラブアンオフショア口座開設によるATMカード及びクレジットカードの発行はほぼ不可能とお考えください。
・オフショア口座の開設にはオンショア口座ですでに取引を行っている顧客を対象にサービスを提供している銀行が多く、基本的には法人設立登記直後の口座開設は困難となっています。

お問い合わせ