ラブアン法人設立手順

ラブアン法人の設立を希望されるお客様は、問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

また、設立に関するご不明点・質問等ございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ラブアン法人設立手順
◇ 弊社へ申し込み
  • ・お問い合わせフォームより弊社へご連絡ください。
  • ・パスポートコピーのスキャンデータをメールでご送信ください(表裏面のみ)。
◇ 信託会社の選定
  • ・お客様のご要望に合わせた信託会社の選定を行います。
◇ 設立申込書の記入
  • ・信託会社の設立申込書をお渡しいたしますので、ご記入をお願いします。
◇ 必要書類の準備
  • ・必要書類をご用意ください。
  • ※設立申込書と合わせて弊社までスキャンデータをメールで送信してください。
◇ 必要書類の郵送
  • ・弊社宛に必要書類をご郵送ください。
  • ※信託会社へ持ち込み、一時保管いたします。
◇ 料金のお支払い
  • ・弊社指定口座へサポート料金をお支払いください。
  • ※入金が確認できた時点で作業を開始いたします。
◇ 申請書類への署名
  • ・申請書類をお渡ししますのでご署名をお願いいたします。
  • ※必要書類をもとに弊社にて定款を作成いたします。
◇ 申請書類の郵送
  • ・ご利用される信託会社宛に申請書類をご郵送ください。
◇ 設立申請手続
  • ・保管中の必要書類と合わせ、申請書類をラブアン当局へ提出いたします。
◇ 法人登記完了
  • ・法人登記完了です。
yajirushi

 

1. 信託会社の選定

ラブアンの法人設立登記を行う信託会社(トラストカンパニー)は約40社程度存在していますが、各社ともに特徴がありますので、お客様のご要望をヒアリングし、最適と思われる信託会社をご紹介させていただきます。

具体例: ◇ 会計事務所が運営している信託会社
◇ 法律事務所が運営している信託会社
◇ レンタルオフィスを運営している信託会社
◇ サポートは最低限だが、管理費の安い信託会社
◇ 管理費は高いが、サポートが手厚い信託会社
◇ 他のオフショア地域にも精通している信託会社

ご利用される信託会社が確定しましたら、弊社より設立申込書(アプリケーションフォーム)をメールでお渡しいたしますので、ご記入をお願いいたします。

yajirushi

 

2. 設立申込書(アプリケーションフォーム)の記入

設立申込書(アプリケーションフォーム)には、一般的に以下のような情報をもとに、書類の作成を行います。

社名候補 あらかじめ社名候補を3つまで挙げてください。類似商号の照会と仮登録を行います。なお、主に英語・マレー語にて使用禁止用語に該当しないか審査があります(社会通念上、社名にふさわしくないと判断された場合は承認がなされません。例として、公序良俗に反する言葉やイスラム教を冒涜するような言葉などが禁止ワードに該当します)。

※会社名の後には必ず、有限責任会社(株式会社)であることを示すInc. Corp.  Limited.  Co., Ltd. などの名称を会社名の後に記載してください(大文字と小文字も区別して登記されますのでご注意ください、この段階で誤って記入されますと誤った情報で登録されてしまいます)。

※社名予約申請の際、社名の意味を説明する必要がありますので、弊社までメールにてお知らせください。

登録住所 ラブアン法人の登録住所は信託会社(トラストカンパニー)の住所を利用することになります。

※この箇所はすでに記入済のものをお渡しします。

法人の種類 設立の用途にあわせて、以下a. b.いずれかの法人形態を選択ください。

a. 商業活動を行うラブアン法人(Trading Company)

(※商業活動:銀行業、保険業、ファンドマネージメント業、リース業等)

b. 商業活動を行わないラブアン法人(Non Trading Company)

(※非商業活動:株式や債券等の自己勘定取引、ローン、預金、不動産投資等)

資本金 1USDから可能

※就労ビザを申請する場合、250,000RM相当(USドル換算)以上の資本金で登記を行っていただく必要があります(重要:「就労ビザの申請要件について」)。

取締役 取締役に就任される方の氏名、住所、連絡先、国籍等の情報をご記入ください。
株主 株主に就任される方の氏名、住所、連絡先、国籍等の情報をご記入ください。
秘書役 カンパニーセクレタリー業務は法人設立を行う信託会社(トラストカンパニー)が就任します。

※この箇所はすでに記入済のものをお渡しします。

yajirushi

 

3. 必要書類の準備

お客様からいただいた情報をもとに、弊社にて申請書類の作成を行います。2.で作成いただいた設立申込書(アプリケーションフォーム)に加え、以下の2.~4.の書類の準備をお願いいたします。後述する申請書類とともにラブアン当局へ提出いたします。 

必要書類 1. 設立申込書(アプリケーションフォーム) × 1部
2. 取締役・株主の認証済パスポートコピー × 各1部(「詳細」)
3. 取締役・株主に関するリファレンスレター × 各2通 (「詳細」)
4. 取締役・株主の住所証明書類 (「詳細」) × 各1部

※法人が株主や取締役に就任する場合、会社定款、取締役及び株主名簿、履歴事項証明書等の認証、当該法人の過去3ヶ月分の銀行預金明細、代表者のパスポートコピー認証、代表者に関するリファレンスレター等が必要となります。また事案により、直近2年分の確定申告書や会社案内の提出が求められることもあります。

上記全ての書類が用意できましたら、スキャンしたデータを弊社まで電子メールにてご送付ください。記入漏れがないか最終確認を行います。問題がなければ、弊社まで書類をご郵送ください(1度目の郵送)。

◇ 郵送先住所 :
To : BPO Link Labuan Co., Ltd.

Address :

Level 8, Unit 350 – 803A, Labuan Times Square,
Jalan Merdeka, Federal Territory of Labuan,
Malaysia

Postal : 87000

Tel : +6087 – 431 – 000

◇ 書類の流れ :
お客様 → 弊社 → ラブアン信託会社 → ラブアンオフショア金融センター

郵送には以下の業者がおすすめです。

FEDEX FedEx : 国際輸送サービス
DHL DHL : 国際輸送サービス
EMS 郵便局 : 国際スピード郵便

日本国内からは郵便局のEMS、シンガポール国内からはDHLのSpeedpostがお勧めです。なお、FedExは若干費用が高くなりますが、より確実性を重視される場合はこちらの利用をおすすめします。郵送手続後、追跡番号を弊社までメールでお知らせください。

弊社では、必要書類が到着し、サポート料金のお支払が確認できた時点で申請書類作成の手続を開始いたします。

yajirushi

 

4. サポート料金のお支払い

弊社からインボイスを発行いたしますので、記載されている口座宛に振込手続をお願いいたします。

yajirushi

 

5. 設立申請書類の署名・申請

必要書類が到着し、サポート料金のお支払が確認できた時点でご署名いただく申請書類をメールでお渡しします。なお、定款につきましては、設立申込書(アプリケーションフォーム)をもとに、弊社にて作成いたします。

申請書類
  • 1. Form 24- Consent to Act as Director × 2部
  • (取締役就任の同意書)
詳細
  • 2. Declaration by Shareholder × 2部
  • (株主による宣誓書)
  • 3. Memorandum and Articles of Association × 3
  • (会社定款)

申請書類への署名がすべて終わりましたら、スキャンしたデータを弊社まで電子メールにてご送付ください。記入漏れがないか最終確認を行います。問題がなければ、弊社から送付した申請書類に署名し、信託会社へ直接ご郵送ください(2度目の郵送)。信託会社にて一時保管している必要書類(設立書類、身分証明書等)と合わせてラブアン当局へ提出し、申請を行います。

◇ 郵送先住所 :
選択された信託会社の担当者宛に直接ご郵送ください(「ラブアン信託会社一覧」)。

※担当者が決まりましたらメールにてお知らせいたします。
弊社に郵送された場合、受取から最短で5分、遅くとも60分以内に信託会社へ持ち込みいたします

◇ 書類の流れ :
お客様 → ラブアン信託会社 → ラブアンオフショア金融センター

いちおうの目安としましては、申請から2週間程度で設立登記が完了します(ラブアン法人は設立日の指定はできません)。なお、取締役と株主がすべて日本人(日本国籍)の場合、早ければ3日~1週間程度でCompany Noが割り当てられることもあります。

yajirushi

 

6. 法人登記完了

ラブアン法人の設立がラブアンオフショア金融サービスセンター(LOFSA)によって認可されますと設立証明書が発行されます。サンプルは以下のような書式になります(弊社の設立証明書です)。

ラブアン法人はマレーシア法人(Sdn. Bhd.)とは異なるオフショア法人の性質上、登記簿謄本に当たる概念が存在しません。ただし、設立の際の定款には出資額が記載され、設立後に「当事者のみ」が証明書類を開示請求することが可能です。

yajirushi

 

7. 各種証明書類について

ラブアン法人の定款の中には登記内容証明書類、発行書類、年次税務申告、登録更新手続きを記載した確認書類など、いくつかの重要書類が含まれています。

以下のような取締役情報や株主情報、株主構成比率、資本金等の情報は自ら公表しないかぎり、外部には一切開示されることはありません(※マネーロンダリング等の犯罪が疑われるような場合は、外国政府の要請に応じて、ラブアン当局が情報を開示する可能性はあります)。

証明書類 ・Memorandum and Articles of Association
(会社定款)
詳細
・Form 7- Company Registration Certificate
(法人登録証明証)
・Form 13- Return of Allotment of Shares
(株式割当報告書)
・Form 23- Notice of Situation or Changes of Registered Office
(法人所在地登録証)
・Form 25- Return on Particulars and Charges of Directors and Secretaries
(会社役員及びカンパニーセクレタリーの報告書)
・Share Certificate
(株券)

なお、ラブアン法人法では認証を受けている事業体(銀行業・保険業等の金融関係の許認可のもとに行っているビジネス)については、会社名、法人番号の他にマネジメントオフィス(営業所)、マーケティングオフィス、連絡先等の情報が開示されます。

ラブアン法人一覧(許認可) List of Labuan Trust Companies(信託会社)
List of Active Approved Auditors(監査事務所)
List of Legal Firms(法律事務所)
List of Insurance Managers(保険会社)
List of Labuan Banks and Investment Banks(オフショア銀行)
ラブアン法人一覧(全般) List of Labuan Companies(ラブアン法人)

一般法人ついては「会社名」、「法人番号」、「信託会社」のみが開示され、その他の情報に関しては全て非公開とされ、「当事者のみ」が信託会社やラブアン当局に開示請求することができます。

※設立後の就労ビザの取得につきましては「ラブアン就労ビザの取得方法」をご参照ください。

※設立後の法人口座の開設につきましては「ラブアン法人口座の開設」をご参照ください。

※ラブアン法人の設立に関するご質問は、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ