複利効果と時間的分散

ここまで、リスクを最小化する方法として、「分散」・「積立」・「インデックス」を使った運用方法をご紹介しました。こうした運用方法を採用する最大の魅力は、何といっても「時間を味方にできること」です。

極力リスクを抑えながら運用し、少しずつ殖やしていくためには、「時間」は非常に有効な要素のひとつとなります。「複利」という言葉はすでに多くの方がご存知の通り、「利息が利息を生む」という考え方のことを言います。

資産運用の方針を考えるに当たり、「時間」という概念は良くも悪くもポートフォリオに多大な影響を及ぼすことになります。なぜなら、年々積み上がっていく運用成績は、時間の経過とともに平均収益率に近づき、収益率が発生する範囲は時間の影響に大きく左右されることになるからです。

運用期間が長ければ長いほど、保有しているポートフォリオ全体の収益率は平均収益率に近づいていくため、収益率の変動幅が時間の経過とともに安定していきます。さらには、投資家はポートフォリオのリバランス(組み換え作業)を定期的に実施することにより、最適な組み合わせを選択することが可能となります。

もし仮に、運用期間があまりにも短すぎた場合、非常にギャンブル性の高い運用方法となってしまいます。その理由は、運用年数が少なすぎると良くも悪くも偶然の発生確率が上がってしまうため、統計的優位性を享受することができないためです。その一方、十分な運用期間さえ確保することができれば、突然の暴落などに見舞われても、大きな不安を感じることなく運用を継続することが可能となるわけです。


 

【積立てによる複利効果】

例として、元本ゼロで毎月10,000円ずつ積み立てを行った場合、期間・利回り別の残高は以下のとおりです。

利回り 期間
5年 10年 15年 20年 30年
元本(利回りゼロ) 600,000 1,200,000 1,800,000 2,400,000 3,600,000
3% 647,000 1,397,000 2,267,000 3,276,000 5,801,000
5% 680,000 1,549,000 2,659,000 4,074,000 8,186,000

上図の「元本(利回りゼロ))」の数値は積み立てた元本額を示し、3%と5%の利回りで運用した場合の期待収益率がわかります。投資期間が長くなればなるほど、複利効果により時間の経過とともに、資産が加速度的に増加していくことがわかります。

なお、上図では1年や2年といった短期間の利回りを掲載していません。その理由は、①「短期では複利効果の恩恵をほとんど享受できないため、資産の増加が期待できないこと」、②「どのような投資対象も短期的には価格変動リスクが大きく、期待収益率が安定しないこと」が挙げられます。

資産運用が全くの初心者の方であれば、年次リターンとしては年率3%程度、多くても5%程度を目標にするのが理想的といえます。7%や10%など、高すぎる目標リターンを設定してしまうと、それだけリスクも高まり、変動幅(ボラティリティリスク)が大きくなりすぎてしまうためです。投資を長く継続し、少しずつ超過リターンを確保していくためには、リスクを極力抑える運用方針を採用すべきです。

また、これとは逆に、10年や20年と長期にわたって運用を継続することができれば、暴落などの急激な相場変動に見舞われたとしても、一定のリターンの確保が期待できます。その理由は、資産を値動きが異なる複数の商品に分散して保有することにより、平均収益率が安定し、期待収益率に近づいていくためです。


 

【贈与や相続を意識した資産保全対策】

たとえば、贈与や相続を意識した資産保全や、あるいは65歳以後の老後のための資金を確保するためには、30歳の方であれば35年間、40歳の方であれば25年間もの時間的余裕があります。このように、若ければ若いほど「時間」を味方にできるために、資産運用は早いうちに始めた方が有利となります。

その一方、65歳での資産保全を目的にした場合、50歳の方は15年間、60歳の方なら5年しか時間がありません。もっとも、50代、60代の方々の中には、すでにある程度の金融資産をお持ちの方も多いことと思いますので、資産形成期とは異なり、資産を減らさない、守るという発想に切り替えて行く必要があります。

このように、若年者向けの運用方法に対し、年齢が上がるにつれてまとまった資産をお持ちの方も多くなっていることと思います。こうした場合は、初期の元本を数回に分割しながら組み込んで行き、さらには複利の効果を活用することにより、インフレリスクを回避していく方法が有効となります(まとめて一括で元本を組み込むよりも、3ヶ月に1度、6ヶ月に1度追加することで時間的分散効果が期待できます)。

例として、元本5,000万円で毎月50,000円ずつ積み立てを行った場合、期間・利回り別の残高は以下のとおりです。

利回り 期間
5年 10年 15年 20年 30年
元本(5,000万円) 50,600,000 51,200,000 51,800,000 52,400,000 53,000,000
3% 61,200,000 74,180,000 89,230,000 106,680,000 150,370,000
5% 67,210,000 89,190,000 117,240,000 153,030,000 257,030,000

※資産運用には元本及び利息の保証がございません。したがって、必ずしも「正」の複利効果が得られるとは限らず、2,3年といった短期の評価額は元本割れする可能性がある旨ご注意ください。

お問い合わせ