ラブアン投資銀行のM&A案件が出ました。

お世話になります、BPO Link Labuanの渡邉です。

非常に珍しいM&A案件となりますが、ラブアン投資銀行の売却案件が出ました。この機会に買収を打診される事業者様や個人投資家の方がいらっしゃればぜひご連絡ください。

国・地域 事業内容 スキーム 提示金額 コメント
マレーシア・ラブアン経済特区 オフショア投資銀行 100%外国資本による買収が可能 30百万RM/7.5百USD(≒8億円)
  • ・払込済資本金=12.5百万RM(≒3.4億円)。
  • ・投資資産=5.5百万RM(≒1.5億円)、負債なし。
  • ・従業員2名(Principal Officer, Statistical Officer)
  • ・詳細情報の開示はNDA要。
  • ・交渉開始にあたり、Eearnest Deposit (refundable = 200,000USD)が必要。

今回の案件は仮想通貨のライセンスに絡む案件であるため、弊社の顧問先のクライアントのうち、すでに他国にて当該事業を営む方々に周知し、本日マレーシア時間14:00を以て一般公開案件としました。

現在、情報元のLabuan IBFCから入っている情報によりますと、当該投資銀行は現在、ラブアン経済特区内における仮想通貨ライセンスの第1号案件とのことです(ラブアン経済特区にはガイドラインが存在していないため、ケースバイケースで審査をしているようです)。

この銀行は以下4つのライセンスを同時申請しているとのこと。

  • ICO (Initial Coin Offering)
  • IEO (Initial Exchange Offering)
  • ITO (Initial Token Offering)
  • RTO (Reserve Token Offering)

ライセンス取得の目途ですが今月末(2018年8月末)になる見込みのようです。弊社と提携先からも、当該ライセンスの取得可否がM&A成立の重要なポイントになる旨は伝えており、随時、最新状況の連絡が入って来るものと思います。

今回の背景には水面下で色々な動きがあるようで、すでにアメリカ、中国、日本の仮想通貨プレーヤーの名前が数件出ております。話半分で聞いたとしても、もしかすると優良案件となる可能性もあるかもしれません。

当該案件の詳細情報は以下のとおりです。

開示情報 ・投資資産=5.5百万RM(≒1.5億円)、負債なし。
・従業員2名(Principal Officer, Statistical Officer)
・詳細情報の開示はNDA(Non-Disclosure Agreement)が必要。
・交渉開始にあたり、Eearnest Deposit (refundable = 200,000USD)が必要。

当案件にご興味をお持ちの方は渡邉又は大久保までメールにてご連絡ください。

  • 渡邉:y.watanabe(@)labuan.link (BPO Link Labuan)  ※(@)を@に変えてください。
  • 大久保:michiyookubo(@)gmail.com (Mirai Consulting) ※(@)を@に変えてください。

当案件では調査・取次費用として8,000USDのチャージ手数料が発生します。事前振込により確認できた事業者様より案件の取次を行います。ご了承ください。

***

【※追記情報】

本日8/22 19:10現在、公開開始からわずか5時間で6件のNDAの打診が入っています。投資資産1.5億円程度に8億円もの値段がつくのはどう考えても割高な気がしますが、仮想通貨交換事業者の感覚としては有りなんでしょうか…。

お問い合わせ